痩身エステ

痩身エステの歴史や変遷

body massage

エステサロンが日本で増えてきたのは1970年代になってからです。1970年代には美容皮膚科が標榜科目になり、美容皮膚科の民間療法という位置づけでエステサロンが痩身の施術を開始しました。 エステサロンは美容皮膚科よりも料金が安いことで人気を集め、大阪の天王寺でも店舗が増えてきました。1990年代になると、痩身のメニューだけに特化した痩身エステが誕生し、エステティシャンによる痩身の施術が手軽に受けられるようになりました。 2000年代になると美容機器の進歩によって、キャビテーションによる痩身の施術が行われるようになりました。天王寺の痩身エステでもキャビテーションの施術が人気を集め、今では代表的な痩身のメニューになっています。

エステサロンの今後の予測

エステサロンは店舗間の競争が激化しており、天王寺の痩身エステでも、顧客獲得競争が激しくなっています。厳しい競争に勝ち残った天王寺の痩身エステは、他のエリアにも出店して店舗数を増やしています。 店舗間の競争に勝ち抜いた痩身エステは全国展開をするケースが増えており、今後もこのような傾向が続くことが予測されます。競争に勝ち残っている痩身エステは、口コミで良い評判が拡散し、新規顧客の獲得に成功しています。 痩身エステは、新規顧客の獲得に力を入れており、初回限定で格安な体験料金で施術を行う店舗が増えています。クーポン券を発行する店舗も増えており、お得な料金で施術が受けられるようになっています。今後はますますお得な料金で施術が受けられると予測されます。